そうさ若潮牛の魅力

そうさ若潮牛は千葉県の匝瑳市で肥育されている銘柄牛です。そうさ若潮牛の肥育農家はそうさ若潮牛振興協議会の会員であり、そこで肥育された牛がJAを通して出荷されることによってそうさ若潮牛の名称を用いることができます。品種としては和牛種もしくはホルスタイン種と黒毛和牛を交配した交雑種であるとされており、基本的には交雑種が多く流通しています。

ナイアシン: ビタミンの欠乏症,依存症,および中毒症: メルクマニュアル18版 日本語版

千葉県における匝瑳市一帯は比較的自然に恵まれた地域であるため、牛の生育環境が整っていることから良質な肉質へと育つ要素となっています。気候も温暖なことから、寒さに弱い牛にとってストレスが加わらず健康的に肥育できるのもそうさ若潮牛の肉質を良くしている点であると言えるでしょう。

特定動物の飼養許可申請について - 神奈川県ホームページ

そうさ若潮牛はとうもろこしをメインにその他の食材を配合した指定飼料を用いており、全てのそうさ若潮牛肥育農家がその飼料を使っていることから統一した品質の肉を作り出すことを可能にしています。また、飼料の統一化とともに牛の管理なども明確化されているので、安全面や衛生面への配慮もマニュアルによって徹底されているのも特徴でしょう。それゆえに、安心できる品質の肉になっています。

米沢牛 通販

肉の品質規格としては明確な基準はありませんが、そうさ若潮牛の肥育農家は高品質の肉になるように努めていることから、交雑種がメインの牛肉としては非常に高い品質のものが多く流通しているのが魅力であります。その肉の味としては、脂身が多すぎず少なすぎずという適度なのり具合であり、なおかつきめ細やかな肉質で柔らかな食感であるのが特徴です。その肉質からも、焼肉やすき焼きなどの調理方法に適しており風味と食感を十分に堪能できます。